私は文具だけでなく、食べることも好き。中でも甘いものが大好きです。

 

シャトレーザさんのプリンが大のお気に入り

もちろんプリンも好き。特に、シャトレーゼさんの「無添加うみたて卵のプリン」が好きすぎて、何度もリピート買いしています。

 

美味しいのはもちろん、何よりも気軽にリピートできる価格が魅力的。なんと1個86円。

世の中には1個300円するようなプリンが山ほどありますが、それだけ高ければ美味しいのは当たり前。コンビニでも美味しいプリンが販売されていますが、それでも1個150円程度はします。100円以下でここまで美味しいプリンを、私は他に知りません。とってもオススメ。

 

あまりにも気に入っているので、冷蔵庫には常に3個くらい入っています。残数を気にしなくても良いようにもっとストックしておきたいところですが、1日1個食べるとして、消費期限を考えると一度に3~4個のストックが限界。

さて、もっとこのプリンの素晴らしさを語りたいのは山々ですが、今回話したい話題はもう一つあります。それは、プリンを食べた後の容器について。

 

プリンの容器は色々使えて便利

この容器が色々使えて便利。

 

例えばレザークラフトをする人であれば、コバ用の塗料を調合したりコバを磨く際の水や磨き剤を入れておいたりするときに活用できるでしょう。作品作りの過程で液体を使うことは多いので、そんな時の容器として活躍してくれるはず。

単に入れ物として便利だというだけなので、別にこのプリンの容器でなくても良いのですが、一番のポイントはリピートしているお菓子の容器であるということ。

 

リピートしているということは当然すべて同じサイズなので、積み重ねることでコンパクトに収納することができます。他にも利点を挙げるなら。

  • いくらでも使い捨てにできる
  • 程よいサイズ感
  • 透明なので中身が見える
  • 程よく丈夫で落としても大丈夫
  • 軽い

ざっと挙げるならこんなところでしょうか。これだけの好条件が揃い、なおかつリピートできるお菓子はなかなか他にはありません。

いくらでも使い捨てにできる容器は何かと便利なので、リピートできるお菓子を一つくらい持っておくと良いでしょう。シャトレーゼさんのプリンはぴったりの条件を備えているのでオススメです。