私も通っているレザークラフト用品専門店「レザークラフトぱれっと」。

豊富な品揃えと、工房を借りられるという点が魅力のお店です。名古屋にお住いのレザークラフト作家さんはもちろん、これからレザークラフトを始めたいと考えている人も、ぜひ一度は足を運んでみて下さい。絶対楽しめます。

 

豊富な品揃え

糸や工具などのレザークラフト用品だけ見れば、愛知県内で最も品揃えが多いのではないかと思っています。中には、ここでしか扱っていないようなマニアックな商品もあったりします。

 

例えば、私が愛用している手縫い糸用のビニモ8番。ミシンを持っていないけれど、綺麗に縫いたいという人にオススメです。

こういう糸だったら他でも売っているのでは?
なんて思われるかもしれませんが、この番手のビニモは意外と他では売っていないんです。ネット通販含め、私はここでしか売っているのを見たことがありません。

 

一般的な手縫いには0番か1番くらいの太い糸が好まれます。細くてもせいぜい5番まででしょう。そんな中、8番は手縫い用としてはかなり細い部類。

 

そんなビニモの8番で縫うとこうなります。私はそれほど上手に縫えるわけではないのですが、綺麗に縫えていると思いませんか?

綺麗に見える秘密はステッチの細かさにあります。

 

私が8番の糸に合わせている目打ちは、画像の右側の3mm巾の菱目打ち。8番の細い糸に合う細かい目を打つことができます。ちなみに、左側の5mm巾は一般的な手縫い向け。比較対象としてご覧ください。

上記のような細かい目打ちにビニモの8番のような細い糸を使うとステッチのブレが少なくなり、粗が目立たなくなくなるのです。これが綺麗に縫える秘密。ステッチの幅が狭い分縫う回数は多くなりますが、それを差し引いても綺麗に仕上がるというメリットは大きい。私はこの点が気に入っているので、8番の糸は欠かせません。

 

少々脱線してしまいましたが、そんなマニアックな商品まで網羅している豊富な品揃えが魅力的なお店。道具だけでなく、革そのものも売っているので、ここに来ればレザークラフトに必要なものがすべて手に入ります。レザクラフトぱれっとさんは、名古屋でレザークラフトをするなら外せません。

 

 

ミシンが使える工房が借りられる

そんな品揃えが豊富なレザークラフトぱれっとでは、レザークラフト特化型の工房を借りることができます。ここが大変便利。

この工房の利点は二つあります。まず、騒音を気にしなくても良いという点。レザークラフトには騒音がつきものなので、音を気にせず作業ができるというだけでもありがたい存在。ここであれば、周囲を気にすることなく木槌をガンガン打ち鳴らせます。

 

ちなみに、自宅で静かにレザークラフトをしたいという方はこちらをご覧ください。私が愛用している、静かに目打ちができる目打ち器の作り方を紹介しています。

レザークラフトって知ってますか?レザークラフトとは、オリジナルの革雑貨を自分で作る...

 

 

さて、もう一つの利点はレザークラフト用の設備を借りられるという点。中でも、革用ミシンが借りられるところが素晴らしい。革は布よりも硬いため、専用のミシンが必要なのですが、これがなかなか個人では買いにくい良いお値段。それを借りられるというのは大変ありがたい話です。

 

 

以上、私も通っているレザークラフト用品専門店「レザークラフトぱれっと」でした。

私もレザークラフトはかじっておりまして、尚貴堂の商品の試作品などは自分で作っています。ここは、そんな時に必要な道具や資材の調達にはとても重宝するお店。今後もお世話になり続けるでしょう。

名古屋にお住いのレザークラフト作家さんはもちろん、これからレザークラフトを始めたいと考えている人も、ぜひ一度は足を運んでみて下さい。

レザークラフト材料専門店ぱれっとでは、5000点を超えるレザークラフト材料・キット・皮革・...