例えば、万年筆を撮影してブログにアップしようとします。すると、

あっちへコロコロ

 

こっちにコロコロ

 

円筒形のペンは転がってしまい、押さえておかないとクリップが下を向いてしまいます。できればクリップは上を向いていて欲しい…

 

そんな問題を解決するために作ったものがこちら。ペンの枕

文房具屋さんなどで、よく万年筆のディスプレイに使われている什器を参考にして作りました。

 

その佇まいは、正にペンの枕。

この枕にペンを乗せれば、転がることなく思い通りの位置にキープさせることができます。これでクリップが下を向いてしまうことはありません。

今回は、そんなペンの枕の作り方を紹介します。100均ショップでも手に入る、あるものが材料。

 

材料

ペンの枕の材料は、100均ショップでも手に入る「お湯で柔らかくなる粘土」

私が使ったのは、シードさんのイロプラという商品です。

 

使い方はこの通り。お湯につけることで柔らかくなり、粘土のように整形することができます

ゴムのような弾力がある材質で、私が小さい頃はスーパーボールの素と呼んでよく遊んでいました。丸く整形すると、スーパーボールのようによく跳ねるおもちゃになるんです。

では、この使い方に沿ってペンの枕を作りましょう。

 

ペンの枕の作り方

まずは、ペンの枕に必要な分量をカット。

ハサミで簡単に切ることができます。

 

次に、80度以上の熱湯に切ったイロプラを浸します。

完全に柔らかくするなら3分ほど浸しておくと良いのですが、今回は形を簡単に整える程度なので1分程度で大丈夫。

 

お湯に浸して1分経ったら水気を取り、立方体に成形します。

取り出した瞬間は熱いので、十分注意してください。

 

立方体に成形できたら

 

適当なペンを押し付ける!

 

適度な窪みができたら冷まして完成!

 

横から見るとこの通り。

このくぼみがペンにフィットし、転がりを防止します。

ゴムのように柔らかくて弾力があるので、使用時にペンを傷つけてしまうということもありません。

 

これで、撮影したい面が転がって撮れないなんて事はありません。

文房具屋さんのように、自慢のコレクションをディスプレイする、なんて使い方も良いでしょう。

 

ペンの枕は、持っておくと何かと便利!

材料費も微々たるものですので、気になっていただけたなら是非作ってみてください。おすすめです。