尚貴堂 shokido とは

名古屋を拠点にしている一人文具メーカー。革小物や木工作品、オリジナルのインクなど、様々な文具を作っています。

どうして尚貴堂を立ち上げたのか

私は昔から文具が大好きで作品作りも大好き。こう書くと安直が気もしますが、将来は文具を作る仕事をしたいと考えていました。

そんな夢を叶えるために学生の頃から文具メーカーに就職することを目標に準備し、大学卒業後は見事大手文具メーカーに就職。ゆくゆくは開発部門に就きたいなあと思いながら、まずは営業マンとして勤め続けていました。しかし、ちょうどこの頃、3Dプリンターやレーザー加工機が徐々に普及し、個人でもメーカーとして文具を作ることができる世の中に。実際、1人でメーカーとして活躍されている方が続々と現れ始めました。

「あれ?もしかして、私の夢は個人でも十分叶えられるのでは?」

そうして3年勤めた会社を退職して独立。2017年12月1日に「尚貴堂 shokido」を立ち上げました。

どんな作品を作っているのか

私の欲しいものをひたすら作り続けています。

作ること自体が目的ではなく、欲しいものを手に入れることが目的なので、それが既に世の中に存在するのであればお財布と相談して購入します。私が作ろうと思うのは、欲しいものが世の中に存在しない時。ですので、尚貴堂が生み出す作品は世の中にないものばかりだと自負しています。

ではどんなものが欲しいのか

それは最強の装備品。

例えば、RPGゲームでラスボスを倒した後だとしても、最強の装備が存在すれば揃えたくなりませんか?私が便利な文房具を追い求めるのは正にその感覚。たとえ仕事の効率アップにそれほど貢献しなくても、最強の装備を揃えたいんです。

そうした想いで作っているので、尚貴堂の作品は私にとっての「最強」ばかり。そんな私が欲しいと感じた作品たちが誰かが欲しがるものでもあったなら、こんなに嬉しいことはありません。

INK BOOKシリーズオリジナルインク「Clear Ocean」シリーズオリジナルインク「はちみつい...

必要なことは全部一人でやる

「一人で全部やるなんて大変じゃないの?」

よく言われます。確かに、web整備や作品の発送手配、営業活動や作品制作など、文具メーカーを運営する上で必要なことは全て一人で賄うことは大変だと思います。実際、会社員時代と比べると圧倒的に仕事量は増えました。しかし、精神的なストレスはゼロ。

精神的なストレスがない最大の理由は、とてもシンプルな商売ができているからだと思っています。私が作った作品を手に入れて幸せになる人がいて、私はそんな人からお金をもらって幸せになる。決して難しい事ではないはずなのですが、組織に所属していると意外と実現できない幸せが一人文具メーカーにはありました。おかげで私は毎日とっても元気です。

作品が買える場所

オンラインで買う

現在、オンライン上では下記のショップで購入可能です。

尚貴堂の公式オンラインショップ

文房具が大好きなクリエイター「大橋尚貴」が大手文具メーカーの営業職を経験し、立ち上...

実際に手に取って買う

・尚貴堂の出張販売

毎月どこかしらのイベントに出展しておりますので、そういった機会には必ず当作品をお持ちします。試し書きもしていただけるよう準備しておりますので、是非じっくりお悩みください。

イベント出展状況はニュース内の出展イベントページをご覧くださいませ。

他にも、作品ごとにいろんな販売店様に取り扱っていただいています。それぞれの作品ページをご参照ください。

メーカー名の由来

私の名前である「尚貴(naotaka)」という字から取りました。縦にすると分かりやすいのですが、実はこの字、左右対称なんです。美しいと思いませんか?

そんな気に入っている自分の名前に、同じく左右対称な「堂」を加えて「尚貴堂 shokido」としました。